貯金をする方法、貯蓄用の通帳を作るとお金は溜まるの?

家計節約術

『メインバンク』と『貯蓄用の通帳』を作って使い分けしてみては?

メインバンクとは給与の振込みやクレジットカードや公共料金の引き落としに指定している口座になります。生活費もこちらの通帳からお金をおろして使います。

もし、お金を貯めたいのであれば貯蓄用の通帳を作成して、毎月決まった金額を貯蓄用口座へ移動させる。もしくは、1ヵ月に使う金額をあらかじめ決めておき、余剰となった分を貯蓄用の口座へ移動させる。

私は、後者の方法でコンスタンスに月2万円以上は貯蓄にまわせています。

同じ銀行で通帳は2つ作れないの?

はい、同じ銀行で2つ目の通帳を作ることはできませんでした。昔は、支店が違うのであれば、2つ目の通帳を作れたんですけどね。今は作れないようです。2つ目の通帳を当然、作れるつもりで銀行へ行きましたが丁寧にお断りされました。

『メインバンクの通帳』と『貯蓄用の通帳』を同じ銀行で作った方が、お金を移すとき便利ですよね。しかし、2つ作れないとのことで、仕方なく別の銀行で新規作成しました。




但し、個人事業主用の通帳は作成できるとのことです。その場合、税務署へ提出する開業届を持ってきて下さいとのことです。

通帳開設の際に必要なものは?

現住所の記載のある身分証明書(運転免許証、パスポート、)と銀行へのお届け印が必要です。窓口は平日の15時迄ですので、それまでには銀行へ行きましょう。所要時間は1時間程度だったと思います。

口座の開設は、どの銀行も郵送でのやり取りで開設を受け付しています。インターネット経由で申し込みをすると書類が郵送で送られてきます。窓口に行けば即日にて発行してくれますが、郵送でのやりとりで口座開設をするととスムーズにいっても通帳の受け取りに2週間位かかってしまいます。

私ごとですが、最近、仕事の給与受取の関係で地銀を開設しました。郵送で開設手続きをしていますが、書類に不備があったり、印鑑の押印が不鮮明とのことで再提出になりました。その後、提出した書類の訂正印を別の印鑑で押印しており、訂正印はお届け印でないとダメとのことで、再々提出になりました。書類が通らずに既に2週間程経過しています。

そんな訳で口座開設に1ヶ月以上かかってしまっている私です。開設を急いでいるのであれば、直接、銀行に行くのが早いです。しかし、平日の15時迄になりますので、仕事との兼ね合いでなかなか時間をとるのは、難しいですよね。




ご参考までですが、私が郵送で銀行通帳を開設した時に不備を指摘された所になります。
①訂正印はお届け印で押印すること。別の印鑑で押印した所、修正の依頼がありました。
②『おところ』にマンション名を記載した時は、マンション名がカタカナであっても『フリガナ』をしっかりふること。マンション名がカタカナだったため『フリガナ』を記載しなかった所、記載して下さいとのことで再提出となりました。
③公共料金の支払い書の提出は必ず領収書を提出します。水道料金をクレジットカードで自動引き落としにしています。水道料金の明細書を提出した所、これは領収書ではありません、、。とのことで、再提出となりました。電気料金をコンビニで支払いしてますので、電気料金の領収書へ差し替えて再提出しました。

『普通預金』と『定期預金』の違いは?

普通預金は何時でも自由にキャッシュの預入れや引き出しができる口座です。給与や年金の受取口座やクレジットカードや公共料金の引落し口座として利用する口座になります。

定期預金は、預け入れから一定期間お金を引き出せない預金のことです。金利は普通預金よりも高く設定されています。定期預金をすると満期を迎えるまで引き出しが出来なくなります。もちろん、途中解約もできますがペナルティを受けてしまいます。
ついついお金を使ってしまう傾向があるのであれば、引き出しが出来ない定期預金にお金を移しても良いかもしれませんね。金利がつきますが、利息は低いですし税金も引かれます。

貯金のこつは?

老後に必要な資金は2,000万円と金融庁から出されました。老後に向けて今から2,000万円を貯金しなくてはいけないのか?と不安に思ってしまいます。私も不安です。貯金をするにあたってよく言われているのは、収入を増やすか、支出を抑えるか。と言われています。




家庭の収入を増やすのであれば、副業のスタートや投資をするのが一般的かと思います。しかし、アルバイトなどの副業を始めると自分の時間を費やさなければならないし、疲労も蓄積してしまいます。パートナーがいるのであれば、住宅費や光熱費は一人暮らしと比べると当然抑えられますので、その分貯金に回せそうですね。

最近、自炊をするように心がけているのですが、出費がかなり抑えられています。自炊を心掛けるようにしてからは食費にかかる費用は、今までの1/3位になったと思います。一人暮らしだと食材が余ってしまう時があるかと思います。そんな時、余った食材はカットしてジップロックに入れて冷凍保存しています。料理は苦手なのですが、億劫になってしまう理由のひとつが野菜達の皮むきとカットです。料理によってカットも変化すると思いますが、次に作る料理を決めておいてカットしてジップロック冷凍です(笑)これで料理のひと手間が省けます。

関連記事一覧

error: Content is protected !!