鍼灸の効果は?脈診のやり方は、どうやって習得したの?

WORKOUT

鍼灸は肩こりに効果があるの?

鍼灸は肩凝りに効果ありますよ。まず初めに、肩こりの原因ですが、①首や肩に原因がある場合と②首や肩とは別の所に原因がある場合があります。

私の場合は、事務職をしていて肩凝りの原因は①になります。デスクワークなどは、同じ姿勢を続けてしまいますよね。そうなると、首や肩の筋肉が凝り固まってしまい、肩凝りの症状がでてきます。

よく、小休憩をして首の筋肉をほぐすストレッチをしてみるのが良いと聞いたりしますが、時間に追われるとなかなかできない場合があったりします。小休憩でストレッチしても、あまり緩和しません( ノД`)シクシク…




凝りがとれなくて辛い場合は、マッサージや鍼灸を施術して頂くことを検討する方もいるかと思います。凝り固まった筋肉をマッサージや鍼灸でほぐしてもらうと楽になりますよ。実際、施術は気持ちいいです。気持ちよくて寝てしまいます。ただ、マッサージや鍼灸の施術で良くなるといっても一時的なものにすぎません。翌日、またデスクワークをすると、また、同じです。普段から、運動するなどして筋肉を柔らかくしておく良いみたいです。

近所にジムとかないので、仕事が終わった後に夜な夜なランニングを始めました!!毎日20分~30分程度です。結果、肩凝りはだいぶ解消されましたよ。

肩こりは何科に行くの?

肩凝りは、整形外科での診察になります。肩こりの原因となる筋肉に関する専門の先生は整形外科医になります。筋肉を和らげる内服薬とか、ロキソンニンなどの外用薬を出してくれますよ。また、リハビリをやっている医院もあったりします。リハビリでは、保険適応でマッサージとか受けれますよ。

脈診と出会ったきっかけは?

事務職に就いてから肩こりがひどくなりました。友人に相談した所、整骨院とかでマッサージとかうけてみたら?と助言を頂き、友人がお勧めしてくれた整骨院マッサージに通ってみることになりました。

そして、私が通い始めた整骨院は、鍼灸治療もやっていました。何となーく鍼灸を受けてみようかなぁーと思って受けたのがきっかけです。整骨院は、鍼灸治療をやっていない所も多いです。鍼灸、結構、身構えてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、針が怖いとか不安という気持ちが強いなら無理して針治療を施術してもらう必要はないと思いますよ。




通っていた整骨院では、鍼灸の先生を予約の際に指名ができるのですが、私の場合は、特に指名せずにフリーで入っていました。なので、色々な先生に針をうってもらっていました。その時に出会った先生が脈診の先生でした。最初は脈を取られていたので。???と思っていました。

しかし、その脈診の施術を受けてから、体調が不思議と整うのです。フリーで施術をしてもらっていたので、脈診を施術してもらった後の場合と、通常の鍼灸を施術してもらった場合の違いが実感できました。そして、脈診の先生を指名させて頂いて施術してもらうようになりました。

使う針の数は、通常の鍼灸を比較すると少ないような気がします(あくまでも私の個人的な感想になります)。あと、施術は先生との相性が必ずあるので、最初の内は色んな先生に施術してもらうことをお勧めします。

脈診はどこで施術してもらえるの?

脈診の施術をしている先生は圧倒的に少ないです。探すのに大変な労力をかけるかもしれないし、すぐに見つかるかもしれないし、運ですよね。私の場合は、脈診で施術をうけたいなぁと考えていて、自分の『脈診+住んでいる地域』でぐぐってみると、家から歩いて5分の所にありました。奇跡ですよね。自分でも信じられないし、ラッキーでした。1ヵ月に1回程度、施術をして頂いてますが、体全体が軽くなる感じがします。

始めて脈診を受けた整骨院は、脈診をしてますっていう記載はホームページになかったです。ネットでの検索が主流と思いますが、知人からの情報などになるかと思います。

脈診を学ぶ方法は?習得方法は?

引っ越しをきっかけに、最初に脈診をして頂いた先生の所へは、通えなくなってしまいました。しかし、偶然にも、近所に脈診をしている先生がおり、脈診で鍼灸に通っています。




私が施術してもらっている先生は、元々、脈診を専門にやっている先生に弟子入りして教えてもらったそうです。特に脈診をやりたかった訳ではなかったそうです。弟子入りした先生から『脈診やってみるか?』と声がかかったそうです。脈診の習得を考えてるなら、脈診を主流でやっている鍼灸院に就職するのが早いかもしれませんね。

学校では、脈診を少し触れる程度で講義も1コマ程度で、掘り下げての講義はなかったそうです。脈診を習得するには、勉強会に参加したり、弟子入りして教えてもらったりとかで習得する方が多いとおっしゃっていましたよ。

もしも、脈診を習得したいと考えているなら、早い内に動いた方が良いと思いますよ。通常の鍼灸で経験を積んでいて、ある程度年齢が上がってしまってから、脈診を習得したいとなると、少し難しいみたいです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!