一人暮らしで固定費を節約する時、すぐに削れるのは何?

家計節約術

固定費削減で家計はどうなった?

 貯金はほとんどできなかった私ですが、固定費と変動費を極限まで見直した所、イベント事がない限りお給料の20~25%の割合を貯蓄できるようになりました。家計を見直す時には、固定費から着手するのが一般的です。固定費とは、毎月必ず決まって出ていくお金になります。何かしらの契約が元になっている場合が多いかと思います。

 将来や老後の為にも少しでも貯蓄をしたいと思っている方は多いと思います。今後、税金は上がる可能性がありますし、社会保険料などの費用負担も重たくなっていきます。収入が増えないのに手取りが減っていく一方です。そこで、行動を起こせばすぐに節約できる固定費についてピックアップしてみました。

格安携帯に変更してスマホ代を節約する!

 携帯料金は、上手く見直しできれば今支払っている金額の半額以下にできるはずです。私は「月額プラン料金1年間無料キャンペーン」を実施している時に楽天モバイルに変えました。おかげで1ヵ月の携帯料金は200円~800円前後になりました。
残念ながら「月額プラン料金1年間無料キャンペーン」は終了しています。それでも楽天モバイルはお得と思うのでお勧めします。お得な理由は、低価格の点と楽天市場利用時のポイント還元率がアップする点になります。




 気になる楽天モバイルの料金ですが、データ通信料1GBまでが0円/月、3GBまでが980円/月(税抜)、20GBまでが1,980円/(税抜)、データ無制限2,980円/(税抜)になります。通話料は別料金になります。かなりお得と思います。

楽天モバイルはこちら

 楽天携帯もお勧めですが、通話を沢山する方にお勧めするのは日本通信SIMになります。お勧めサービスプランは「合理的スマホプラン」になります。20GB、70分無料通話つきで2,178円(税込)、6GB、70分無料通話つきで1,390円(税込)になります。1ギガの追加料金は275円になります。他の携帯会社と比較しても日本通信は、結構お得だと思います。

日本通信HPはこちら

 現在、楽天モバイルを契約中の私です。「月額プラン料金1年間無料」は1年限定です。無料期間が終了してしまったので日本通信に乗り換えました。

インターネット回線費用を節約する!

 インターネットをほとんど使わない生活をしているが全く使わない訳ではない。ちょっとパソコンでネットサーフィンしたりする程度であればスマホからのテザリングでPCに繋げば充分だと思います。不便を感じたら回線契約を検討してはいかがでしょうか。

 仕事を退職したタイミングで1ヵ月程、全国津々浦々旅行している時期がありました。旅先ではテザリングを利用していましたがストレスなくインターネットができました。楽天モバイルだとデータ無制限2,980円/(税抜)になります。ネットの使用頻度にもよりますがデザリングを使用することで、新たなネット回線の契約費用が抑えられます。

楽天モバイルはこちら

 一人暮らしの場合は、光回線、ホームルーター、ポケット型Wi-Fiとか契約する方が多いかと思います。私も昔ポケット型Wi-Fiを契約していました。インターネットは今の時代、日常生活でなくてはならない必需品ですよね。ただ、ネット回線費用は毎月4,000円~5,000円はかかってしまいます。




 あえて、インターネット無料の物件に入居すれば、回線費用の負担はなくなり出費が抑えられます。私が入居している賃貸は、偶然ですがインターネットが無料の物件になります。部屋には回線が引いてあり、ルーターで無線接続に変換してパソコン、携帯、TVに繋いでいます。携帯GB節約できます。インターネットはマンション共有なので、入居者が一気に使うと負荷がかかり重くなると聞いていましたが、重くなったことは今の所はないですね。駅からの距離、間取り、部屋の広さ、賃料などの条件が近い物件でネット回線が無料だった点が決めてになりました。結果、正解だったと思ってます。

ガス代、光熱費を見直す!

 冷蔵庫やエアコンは、古い家電製品を使ってませんか?古い家電だと電力消費が大きいです。今は省エネの家電製品が沢山でています。消費電力の低い家電へ思い切って買い替えると電気代の節約に繋がり、結果的に年間の電気代が安くなります。

 そして、ガスは都市ガスの方が安いです。あえて都市ガスの物件を選ぶのも手段です。プロパンガスだと、定期的な交換が必要になる為、人件費などが上乗せされていいます。そして、プロパンガスの料金は業者で若干金額が変わります。それに比べて都市ガスは一律いくらと決まってて金額が安定しています。その分プロパンガスの方が都市ガスよりも割高になっています。

 プロパンガスは一人暮らしなら気にならない程度の価格かもしれません。しかし、5人家族となると1ヵ月プラス1万円前後と考えた方が良いと思います。

毎月かかる会員費を見直す!

 私はアマゾンプライム会員、Hulu、クラシル、ヤフープレミアム会員になっています。他にも、オンラインサロンに入っていたり、あまり通ってないジムに行っていたり、、。利用しているかどうかを見直して、もし使っていないなら解約を検討してはいかがしょうか?コスパが悪いです。特にジムに入会してるけど、利用してない方、結構多いと思います。アマゾンプライム会員のみを残して全て解約しました。

医療保険料を見直す!

 そもそも、保険ってどうして入るの??保険といっても地震保険や火災保険など種類は色々あります。今回は医療保険について考えてみようと思います。

 保険の営業に勧められて入ってしまったという経験はないでしょうか?ただ、若いのに1ヵ月1万円の医療保険に加入して、年間12万円払っている場合、10年で120万円保険会社に支払う計算になります。ただ、日本には「高額療養費制度」というものがあります。




  医療費の負担が重くならないように病院や薬局で支払う医療費が1ヵ月の上限を超えた時には、その超えた部分を支給してくれます。一度、窓口でお支払いする形になりますが、後日戻ってきます。上限額は年齢や所得に応じて決められています。入院や手術にかかる高額な治療費を金銭的にカバーしてくれる制度が日本では整っています。私は、医療保険に入っていましたが解約しました。

賃貸なら家賃を見直す!

 ひと昔前までは、家賃は給料の1/3と言われてましたよね。給与1/3にあたる7万円前後の賃貸に住んでいましたが、家賃4万円弱の家に引っ越しました。消費税は10%になり、社会保険料は年々増加し、物価もじわりじわりと上昇しています。家賃の見直しをして、給与1/5の金額の賃貸へと引っ越しました。

 もちろん、引っ越し代にお金がかかりますし、引っ越しも面倒くさいです。しかし、貯蓄の事を考えて思い切って家賃4万円代の家へ引っ越ししました。元々は7万円代の家に住んでいたので、毎月3万円は貯金に回したいと考えてのことです。思い長い目で見ると引っ越しした方がお得と判断しました。もし、引っ越すなら5月、6月が狙い目です。3月に入居が決まらなかった物件が礼金をなしにしたり賃料を下げたりする時期ですし、引っ越し料金も安いです。

 引っ越し先の家は、通勤時間が1時間以内の場所になります。少し郊外になり、部屋も少し狭くなりましたが、不要な物は思い切って処分したので、部屋もシンプルになりました。

車は本当に必要か見直す!

 車は便利です。ただ、車を持っていると、「税金」「保険料」「ガソリン代」「メンテナンス費用」で年間費用はかなりかかります。軽自動車で年間35万円はかかる試算です。子供がいて送り迎えに必要とか、通勤上どうしても必要とか、理由があるなら仕方がないと思います。




 車を持っていましたが、思い切って手放しました。私の場合は毎月7,000円の駐車場代がかかっていましたし、駐車場代を加えると維持するための年間費は約40万円弱かかります。通勤は電車ですし、車がなくても日常生活への影響は少ないです。維持費を節約したかったので車は売りました。

どうしても必要な時は、タクシーを利用したり、レンタカーを借りたり、カーシェアリングを上手く利用しています。恐らく、これらを利用しても年間40万円はいかないと思います。

変動費の節約ブログについては、こちら!!

関連記事一覧

error: Content is protected !!