自分に似合う口紅の色がわからない時、選ぶポイントは?

BEAUTY

自分に似合う口紅の色の選び方は?

とにかく、色々な色を試してみることが大切かと思います。似合う色は必ずあります。かといって、デパートの化粧品売り場の口紅を選り取り見取りに色々購入してしまうと高額になってしまうかと思います。金銭的にもきつい、、。しかし、女性であれば1本程度、デパート売り場の口紅をポーチに入れているだけでもなんだか、ささやかなステータスを感じれるかもしれませんね。もしも、デパートの口紅を買うなら失敗色の購入は避けたいものです。

しかし、口紅はデパートだけに置いてあるものではありません。1,000円くらいの口紅も世にたくさん出ています。1,000円くらいの口紅を色々試してみて、自分に似合う系統を絞って近い色見をデパートで購入する手順で進めるのも良いかと思います。

1,000円くらいの口紅は?

1,000円前後の口紅ですが、少し過剰書きにします。他にも色々あります。

ちふれ350円(詰め替え用です、100円と300円のケースが別売りで販売されてます、10色位)、オルビス1,200円~、カネボウ化粧品メディア1,100円(ドンキで770円で購入しました)、KATE1,200円、REVLON1,200円(20色位あります)、MAYBELLING1,200円(色はかなり多め)、LB900円(10色)

店舗などで直接購入するならば、ドン・キホーテや比較的大型の薬局のコスメコーナーに色々とあります。サンプルが置いてあり色味の確認ができますので、手の甲などにぬりぬりして色味などを確認してみると良いと思います。薬局などですと、全品20パーセントオフで販売されている時もあります。




オルビスは、何か商品を購入すると試供品を必ず頂けます。例えば、化粧水を購入したとしても『口紅の試供品を下さい』とお伝えすると口紅の試供品をもらえます。1回分程度ですので、綿棒を使って試してみると良いと思います。オルビスの色味は少ないのですが、しっくりくる色があるのと低価格なので個人的にはよく使っています。

似合う口紅の色が見つかったら?

もしも、ピシャリな色が見つかったなら、その口紅を持ってデパートへ足を運びましょう。そして、美容販売員の方に『この色と近いものを3点程見て貰えませんか?』と伝えてみて下さい。持ってきてくれますので、試し塗りをしてもって下さいね。数字を伝えないと1点の試し塗りで終了してしまう可能性もありますので、具体的に数を伝えた方が良いかと思います。

ピシャリな色がなくても、自分に似合う系統がつかめたならデパートに足を運んで、系統を伝えて3種類程ピックアップしてもらい塗ってもらうのが良いかと思います。店員さんのセンスにかかる所はありますが、初めのうちは、店員さんにアドバイスして頂いたり色を選んでもらっても良いのかなと思います。なかなか、納得がいかないのでしたら、メイクレッスンを受けてみて相談してみるのも良いかと思います。

口紅ランキングに惑わされないで。

 雑誌に掲載されている、口紅ランキングや新色などを見ると気になってしまうものです。心惹かれてしまい、ついつい欲しくなってしまいます。しかし、ちょっと待って下さい。よく落ち着いて合理的に考えてみて下さい。口紅の似合う色、似合わない色はひとりひとり相性があります。雑誌に掲載されている写真はもちろんプロが撮影してプロが色を選んでいます。モデルに似合うベストな色を選んでいますから、可愛い色だと思って当然です。




口紅ランキングや雑誌に掲載される新色に目がいってしまうのは、わかりますが、自分に似合う系統なのかどうかを確認してから購入を検討した方が良いかと思います。

デパートでの口紅の試し方は?

デパートに入っている化粧品売り場で口紅を購入すると1本3,000円以上するのではないでしょうか?この価格を何本も購入して試すのは金銭的にきついと思います。失敗しない色選びをしたいものですよね。

もちろん、デパートで『この色を試したいので塗ってもらえますか?』色を指名して店員さんにお伝えすれば塗ってくれます。しかし、遠慮してしまうもので、塗ってもらってもせいぜい2、3本かと思います。試し塗りは系統を絞っておくことがお勧めです。口紅には、ピンク系やオレンジ系、レッド系などの系統があります。色々試しに塗ってもらうのは、気が引けるものです。

デパートで試し塗りしてもらう場合は、系統色(ピンク系、オレンジ系、レッド系)の中で選択して塗って頂くと色選びがスムーズに行くかと思います。例えば、レッド系といっても深みのある赤やベージュ系の赤など色合いはさまざまです。系統を決めておけば、目星を付けて色選びができます。

とはいっても、先日デパートの化粧品売り場へと行きましたが、化粧品売り場によって販売している口紅の数量が全然違うことに改めてびっくりしました。私の感覚になってしまいますが、RMKは色味が少ないです。Diorは逆にとても多い印象です。『shu uemura』あたりの口紅色の数が丁度良いかなと思いました。デパートをウロウロした感覚ですけども。
それにしてもデパートの化粧品売り場に置いてある口紅は、メーカー問わずに全てを合計すると数百本はくだらないのではないでしょうか。500前後はありそうな感じがしました(笑)これだけの色味が、あると必ず似合う色は見つかると思います。




ご自身に似合う系統は必ずあります。例えば、私は、レッド系の口紅は相性が良いのですが、ピンク系やオレンジ系は、なかなかどーもという感じです。可愛い色とは思うのですが、自身がつけると、うーん、、。という感じです。似合う方が羨ましいです。

そういえば、透き通る程肌が白いロシア人の友達がいるのですが、彼女はピンクの口紅を付けていました。とても似合っていましたね。羨ましい限りです。昔は、このかわいい色を付けたいとか思っていましたが、自分の希望と似合う似合わないは別の話。割り切って、最近は自分に合うものを選ぶようにしています。

関連記事一覧

error: Content is protected !!