風疹の抗体検査をする時、料金と時間はどの位かかるの?

WORKOUT

検査費用と検査内容について

 抗体検査の費用はひとつ5,000円でした。抗体検査は自由診療のため保険が使えませんでした。検査費用は病院によって変わるので、心配であれば事前に確認すると良いと思います。料金はホームページに記載されている場合が多いかと思います。

 検査内容としては血液検査を行います。採血されます。私の場合、風疹と併せて麻疹の抗体検査もしてもらいました。費用は風疹の抗体検査5,000円と麻疹の抗体検査5,000円になり、合計で10,000円になりました。結果は、3日後にはでました。




別件ですが、ピルを服用しているので、肝臓の数値を検査するように婦人科の先生から言われており、肝臓の検査も一緒にしてもらいました。会社の健康診断を受けているのであれば、そちらで構わないとのことでしたが、フリーターの私は受けておらずです。こちらの肝臓の検査は、保険適用になりました。

結果は、別日に婦人科に提出しました。元々は婦人科で採血の予定でしたが、抗体検査で採血を受ける予定があり、2回も採血されるのが嫌でした。抗体検査で採血の予定があることを先生にお伝えしたうえで婦人科での採血検査が行いませんでした。

抗体検査は全く別の内科のクリニックんて採血しました。ピルを服用していて肝機能の数値を検査するように婦人科から指導を受けている旨をお伝えして肝機能も一緒に検査して頂きました。

抗体検査の結果はどうだった?

風疹は抗体がしっかりあるので、ばっちり大丈夫とのことでしたが、麻疹はまたかかるかも、、。とのことでした。麻疹は子供の頃に確実にかかっているので、抗体は大丈夫だと思っていたのに。結果としては、再度かかる可能性ありとのことで、実際わからないものですね。

 麻疹の数値は3.6でした。2~3.9の場合は判定が(+-)になるそうで、妊娠中にもし麻疹にかかってしまうと流産してしまう確率があがるそうです。妊娠を考えているのであれば、抗体検査を受けるか予防接種を受けることをお勧めします。結果はこちらになります。

抗体がない時に予防接種はすぐできるの?

『検査前に抗体を持っていない場合は、予防接種を希望しますか?』と確認があったので『はい、希望します』と伝えましたが、ワクチンが入りにくい状態が続いているので入荷次第の予防接種とのことでした。




 ただ、妊娠を考えていたりしている場合は、ワクチンを優先的に回してくれるみたいです。無料で検査とワクチン接種をしてくれている自治体もありあます。条件としては、『妊娠を予定又は希望する女性及びその同居者』としている自治体が多く、誰でも無料で検査やワクチン接種をしてくれる訳ではなさそうです。

何故、風疹の抗体検査をしようと思ったの?

 ひとつは、私が妊娠中に風疹にかかってしまったら赤ちゃんに影響がでる可能性があるからです。また、もし私が風疹にかかってしまって、妊婦さんにうつしてしまってはいけないと思ったからです。中にはアレルギーなどで予防接種が受けれない妊婦さんもいますので、予防接種をしてウィルスの拡大を少しでも防ぎたい限りですね。もし、予防接種をするならば接種後2か月間は避妊期間が必要だそうです。婦人科の先生から教えてもらいました。

赤ちゃんが風疹症候群になる確率は?

 妊娠中に風疹にかかると胎児は風疹症候群になる可能性が高くなります。風疹症候群になると、赤ちゃんに障害が残ります。

妊娠12週までの初期妊娠にもっとも多くみられ、20週をすぎるとほとんどなくなります。風疹症候群は白内障、難聴、先天性心疾患が3徴として見受けられます。

厚生労働省 風疹症候群 定義・特徴

行政にて無料で予防接種は受けられる?

予防接種するのであれば、予防接種後2ヵ月間は避妊して下さいと先生から指導がありました。早速、予防接種をしようと思い立ち、市町村にて無料で予防接種を受けられないか調べた所『風疹麻疹混合予防接種』を実施していましたが、ホームページの案内は、『風疹の抗体が低い方のみ無料で受けられます』と、少し気になる表現が、、。もしかして風疹の抗体は充分で麻疹の抗体が低い場合は受けられないの?と思い。電話で確認しました。

そして、やはり案の定、風疹の抗体がない方、もしくは弱い方のみ無料で予防接種が受けられ、麻疹だけの予防接種はやっていないとのことでした。しかたがないので、麻疹の予防接種を実施しているクリニックをホームページで調べ予約をしました。しかし麻疹だけのワクチンはなく、風疹麻疹混合予防接種を受けることになりました。麻疹だけのワクチンを製薬会社さんの方で作っておらず、ワクチンは風疹麻疹混合ワクチンを接種する形になるようです。受付のお姉さんが教えてくれました。料金は自費になり10,000円でした。住んでいる自治体によって無料で受けれる場合もあるので、まずは自治体で予防接種の助成があるか調べた方が良いかと思います。




ちなみに風疹麻疹混合予防接種は、風疹の抗体を持っている状態で受けても特には問題ないそうです。インフルエンザの予防接種を受ける時と同じで、予防接種の説明書をよく読んで同意書にサインをして、お熱がないかを計ってからの予防接種となりました。私の場合は、インフルの予防接種を受けると2、3日体調不良が続くことが多いのですが、風疹麻疹混合ワクチンは予防接種後も体調は変わらずに元気に過ごせました。

関連記事一覧

error: Content is protected !!